ひょうご経済プラスTOP 経済 大丸神戸店、5月の売上高70・4%減 前年同月比

経済

大丸神戸店、5月の売上高70・4%減 前年同月比

2020.06.01
  • 印刷
大丸神戸店=神戸市中央区明石町1

大丸神戸店=神戸市中央区明石町1

 大丸松坂屋百貨店を傘下に持つJ・フロントリテイリングが1日発表した5月の売上高速報によると、大丸神戸店(神戸市中央区)は前年同月比70・4%減だった。同月に営業を段階的に再開したことから、4月(86・3%減)よりマイナス幅が縮小した。

 須磨店(同市須磨区)は37・5%減、芦屋店(芦屋市)は62・0%減だった。須磨店は4月の緊急事態宣言後も食品売り場のみ営業を継続。生活必需品の取り扱いが多く、神戸店と芦屋店に比べて減少幅が緩やかだった。

 神戸、芦屋両店は5月7日から平日に限り食品の販売を始めた。同月19日からは須磨店を含む3店とも平日のみ全面営業を再開。同30日からは土日営業も開始した。(三島大一郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス