ひょうご経済プラスTOP 経済 日工がタイに新工場を建設 東南アジアでの需要増に対応

経済

日工がタイに新工場を建設 東南アジアでの需要増に対応

2020.06.03
  • 印刷

 アスファルトプラント大手の日工(兵庫県明石市)は、タイでアスファルトプラントの製造を始めると発表した。投資額は約12億円。海外工場は中国・上海に次いで2カ所目。道路整備が進む東南アジアでのアスファルトの需要増に対応する。

 8月に工場を着工し、来年10月の稼働予定。アスファルトプラントの年間生産能力は30台。日工は2030年に中国を除くアジアで売上高約60億円を目指しており、新工場はその主要拠点と位置づける。タイ国内向けのほか、日本から輸出するインドネシア、ベトナム向けの製品をタイ生産に切り替える。(塩津あかね)