ひょうご経済プラスTOP 経済 神戸の財布ブランド「ATAO」 子ども用布マスクを販売へ

経済

神戸の財布ブランド「ATAO」 子ども用布マスクを販売へ

2020.06.05
  • 印刷
スタジオアタオが企画した子ども用布マスク(提供写真)

スタジオアタオが企画した子ども用布マスク(提供写真)

 若い女性向けのかばんや財布を企画販売するスタジオアタオ(神戸市中央区)は、子ども用の布マスク10万枚の生産を計画している。学校や小児患者を受け入れる病院に無料で提供する。今月、神戸市へ5万枚を寄贈する。

 着け心地をよくするため、耳かけと口元のプリーツの幅を広げた独特のデザイン。自社のキャラクターをプリントする。中国の協力工場で作り、費用は瀬尾訓弘社長(44)ら役員2人が報酬の半分を返納して充てる。

 寄贈を受け神戸市は市立小学校の1、2年生と幼稚園児に配る。同社は、県内の他の学校園や病院にも、それぞれの自治体を通じて提供する考えという。

 10万枚とは別に、今月下旬から同社のオンラインストアで1枚1200円で販売し、売り上げの一部を医療施設などに寄付する。(中務庸子)