ひょうご経済プラスTOP 経済 兵庫の金融経済概況「悪化している」 基調判断、4カ月ぶり据え置き 日銀神戸

経済

兵庫の金融経済概況「悪化している」 基調判断、4カ月ぶり据え置き 日銀神戸

2020.06.05
  • 印刷
日本銀行神戸支店=神戸市中央区京町

日本銀行神戸支店=神戸市中央区京町

 日銀神戸支店(神戸市中央区)が5日発表した兵庫県内の金融経済概況は「新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、悪化している」とし、下方修正が続いていた基調判断を4カ月ぶりに据え置いた。

 個人消費は「大幅な減少」に据え置いた。百貨店販売額や新車登録台数、観光地客数が大幅に減り、神戸市内主要ホテルの客室稼働率は極めて低い水準となった。生産も「減少している」で据え置いた。鉄鋼や地場産業は大幅に減少し、汎用・生産用・業務用機械は弱めの動きだった。

 雇用者所得は弱めの動きとした。消費者物価と企業倒産は前年を上回った。

 長江敬支店長は「多くの業種で厳しさが続く。個人消費や海外需要がどの程度回復するか、企業の生産や設備投資、雇用、所得、経営破綻などの動きを注視したい」と話した。(佐伯竜一)