ひょうご経済プラスTOP 経済 留学生に奨学金寄付 みなと銀育英会、県立大に

経済

留学生に奨学金寄付 みなと銀育英会、県立大に

2020.07.08
  • 印刷
太田勲学長(右)から感謝状を受け取るみなと銀行育英会の服部博明常務理事=神戸市中央区三宮町2

太田勲学長(右)から感謝状を受け取るみなと銀行育英会の服部博明常務理事=神戸市中央区三宮町2

 みなと銀行育英会は、兵庫県立大学国際商経学部グローバルビジネスコースの外国人留学生向けに、奨学金45万8千円を寄付した。太田勲学長がこのほど、同育英会の服部博明常務理事(みなと銀行頭取)を訪ね、感謝状を手渡した。

 同行は2019年10月、個人向け投資信託の販売手数料の一部を奨学金に使ってもらうため、同会を通じて学生に贈る商品の取り扱いを開始。約1300人に販売した。

 県立大は同コースを昨年開設し、外国人留学生は10カ国・地域の40人が学んでいる。太田学長は「日本と世界を橋渡しする人材の育成に向け、学ぶ環境を整える原資として使いたい」と述べた。(佐伯竜一)