ひょうご経済プラスTOP 経済 自動車関連不調で売上高11%減 ニッケ、5月中間

経済

自動車関連不調で売上高11%減 ニッケ、5月中間

2020.07.11
  • 印刷
(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

 ニッケ(本店・神戸市中央区)が10日発表した2020年5月中間連結決算は、売上高が前年同期比10・9%減となった。新型コロナウイルス感染拡大による自動車メーカーの生産停止で、車両向け不織布や縫製用糸、部品製造機械などが低迷。アパレル向けテキスタイルの販売なども振るわなかった。

 経常利益は前年に投資子会社の損失があった反動で8・9%増。純利益は、運営する商業施設の臨時休業に伴う特別損失を計上し5・1%減だった。

 通期予想は、中国や欧州で販売拡大を見込んでいた事業に遅れが出ているとして、売上高を1月予想比6・4%、経常利益を11・1%、純利益を22・8%それぞれ引き下げた。前期比減収減益を見込む。(中務庸子)