ひょうご経済プラスTOP 経済 コロナ禍の中小企業支援へ神戸大と神戸信金が協定

経済

コロナ禍の中小企業支援へ神戸大と神戸信金が協定

2020.07.31
  • 印刷
連携協定書を交わす(左から)神戸信用金庫の西多弘行理事長、神戸大の國部克彦副学長、坂井貴行産官学連携副本部長=神戸市中央区浪花町、神戸信金本店

連携協定書を交わす(左から)神戸信用金庫の西多弘行理事長、神戸大の國部克彦副学長、坂井貴行産官学連携副本部長=神戸市中央区浪花町、神戸信金本店

 神戸大(神戸市灘区)は、神戸信用金庫(同市中央区)と組み、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける中小企業の支援に乗り出す。30日、連携協定を結んだ。同大の教員や学生が、信金の取引先企業から新事業創出や製品開発に向けた課題を聞き取り、共同プロジェクト化を目指す。年限を区切らず、地域経済の活性化に関わる。(横田良平)