ひょうご経済プラスTOP 経済 兵庫県内上場企業 業績予想修正相次ぐ、役員報酬減額も

経済

兵庫県内上場企業 業績予想修正相次ぐ、役員報酬減額も

2020.08.01
  • 印刷
単位は百万円。▲は赤字。かっこ内は20年3月期実績

単位は百万円。▲は赤字。かっこ内は20年3月期実績

 新型コロナウイルス感染拡大の影響などで、兵庫県内の上場企業が31日、2021年3月期の連結業績予想を相次いで修正した。

 業績予想を未定としていた企業のうち、虹技(姫路市)とシャルレ(神戸市須磨区、単体)は、純損益が前期の黒字から赤字に転落しそうだと発表。役員報酬の減額に踏み切る。トーカロ(同市中央区)は最終減益を見込むが、年間配当は同額を維持する。神栄(同)は最終黒字転換を見込むが、配当は見送る。