ひょうご経済プラスTOP 経済 シスメックス コロナ影響で4~6月期は減収減益

経済

シスメックス コロナ影響で4~6月期は減収減益

2020.08.05
  • 印刷

 臨床検査機器・試薬メーカーのシスメックス(神戸市中央区)が5日発表した2020年4~6月期連結決算(国際会計基準)は、売上高が前年同期比11・7%減の605億1100万円、純利益が33・0%減の44億8700万円だった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界的に入院患者や外来患者数が減り、利益率の高い試薬の売り上げが減少した。米国やブラジルなどで感染の影響が長引いており、売上高見込みは中間期までは前年割れが続くとみるが、今秋以降は増収に転じるとした。

 21年3月期の業績予想は引き続き「未定」に。公表を見送っていた年間配当は現時点での財務状況などを踏まえ、前期(72円)から据え置く方針。(横田良平)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス