ひょうご経済プラスTOP 経済 神戸市などの起業家育成プログラム 「ヘルステック」中心に17社決定

経済

神戸市などの起業家育成プログラム 「ヘルステック」中心に17社決定

2020.09.01
  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区

神戸市役所=神戸市中央区

 神戸市は、米シリコンバレーのベンチャーキャピタル「500スタートアップス」と行う起業家育成プログラムについて、本年度の参加17社を発表した。

 2016年度から4回実施し、計71社を支援した。投資家からの資金調達は累計110億円超。今回は国内外から237社の応募があり、書類審査とオンライン面談で国内6社、海外11社を選んだ。分野は健康とITを掛け合わせた「ヘルステック」が最多で、体温や心拍数データを基に健康管理するデバイスの開発などが含まれる。

 500スタートアップスの専門家による個別指導のほか、マーケティングや資金調達に関する講義などで事業を磨き上げる。すべてオンラインで実施し、新型コロナウイルス感染拡大で浮かんだ社会課題の解決につながる新事業の発信を目指す。

 9月7日に始め、10月には「KOBE WEEK」と称して元理化学研究所プロジェクトリーダーの高橋政代さんらを招く。11月12日に成果発表会を行う。(横田良平)