ひょうご経済プラスTOP 経済 ルクア大阪にアウトドアゾーン 10店で構成、初心者向け商品も

経済

ルクア大阪にアウトドアゾーン 10店で構成、初心者向け商品も

2020.09.18
  • 印刷
ルクア大阪初のアウトドアゾーン「ルクアアウトドアフロムアルビ」=大阪市北区

ルクア大阪初のアウトドアゾーン「ルクアアウトドアフロムアルビ」=大阪市北区

 JR大阪駅のファッションビル「ルクア大阪」に初のアウトドアゾーンが18日、オープンする。愛好者だけでなく初心者が手軽に楽しめる商品をそろえ、催しやワークショップなどを通じて魅力を発信する。

 「ルクア アウトドア フロム アルビ」。ルクアイーレ6階で、広さ約1560平方メートル。JR大阪駅高架下の商業施設「アウトドアのアルビ」の閉館による移転を含め、10店で構成する。

 アウトドアブランドの「スノーピーク」と「フォックスファイヤー」は、キャンプと釣りをテーマにした共同店を全国初出店する。このほか、米国のブーツブランド「ダナー」の直営店や、頑丈で使いやすい道具をそろえる「野良道具製作所」(広島県)など。

 質問を書き込める掲示板をフロアに設置し、スタッフらが回答。内容は写真共有アプリ「インスタグラム」でも発信する。同ビルを運営するJR西日本SC開発は「愛好者に親しまれたアルビの伝統を引き継ぐ。未経験者にもきっかけを提供したい」としている。(三島大一郎)