ひょうご経済プラスTOP 経済 神戸空港の旅客数 8月は68%減

経済

神戸空港の旅客数 8月は68%減

2020.09.26
  • 印刷
神戸空港ターミナル付近=2020年8月撮影

神戸空港ターミナル付近=2020年8月撮影

 関西エアポートは25日、8月の神戸空港の旅客数が10万4950人となり、前年同月の33万172人に比べ68・2%減ったと発表した。新型コロナウイルスの感染再拡大で需要が伸び悩み、回復傾向だった7月の60・8%減から再び悪化した。

 お盆期間の帰省などを見込んで就航5社が一時的に便数を戻したものの、県境をまたいだ移動自粛などを求めた自治体もあり、利用者の乗り控えが影響した。

 神戸市が同日公表した従来基準(幼児を含まない)の旅客数も前年同月比68・2%減の10万2302人。搭乗率は37・2%で、7月から5・3ポイント下がった。

 路線別の旅客数は長崎線が前年同月比80・7%減、羽田線が同68・9%減など。感染が急拡大した沖縄(那覇線)は同77・8%減の1万4563人で、7月から半減した。(横田良平)