ひょうご経済プラスTOP 経済 ヤマトヤシキECサービス強化 新型コロナ拡大受け

経済

ヤマトヤシキECサービス強化 新型コロナ拡大受け

2020.09.28
  • 印刷
神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 加古川ヤマトヤシキ(兵庫県加古川市)は28日、百貨店向けの電子商取引(EC)サービスを展開するストライプデパートメント(東京)と業務提携を結んだ、と発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、インターネットを活用した販路の拡大につなげる。

 ストライプが運営するECサイト「DaaS(ダース)」のプラットフォームを、加古川ヤマトヤシキが使えるようにする。

 同社は贈答品のネット通販を自社で手掛けるが、ファッションや雑貨、リビング商品など千以上のブランドを扱うストライプと提携して、ECの品ぞろえを増やす。

 ヤマトヤシキのサイトでダースの取扱商品を24時間閲覧、購入できる。商品を自宅で試着することも可能。会員登録が必要で、入会金・年会費は無料。

 同社の担当者は「コロナの影響で店頭に来られなくなったお客さまもおり、接客のあり方を見直す。若年層にも利用してもらえれば」としている。(三島大一郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況