ひょうご経済プラスTOP 経済 離れて暮らす家族つなぐ 遠隔通話用卓上ロボ開発 神戸のベンチャー

経済

離れて暮らす家族つなぐ 遠隔通話用卓上ロボ開発 神戸のベンチャー

2020.10.16
  • 印刷

「動く電話テレピー」を操作するアイプレゼンスのクリストファーズ・クリス代表=神戸市東灘区向洋町中6

「動く電話テレピー」を操作するアイプレゼンスのクリストファーズ・クリス代表=神戸市東灘区向洋町中6

 離れて暮らす家族間でオンラインの会話を盛り上げてもらおうと、ベンチャーのアイプレゼンス(神戸市東灘区)が、遠隔操作の卓上ロボットを開発した。スマートフォンを差し込んだ頭部が最大270度回転し、発言する人や料理などを映し出す。クリストファーズ・クリス代表(40)が、英国に家族がいる自身の生活を踏まえて製品化した。(大島光貴)

 「動く電話Telepi(テレピー)」。卵形の体形で、高さ9センチ、太さ7・5センチ、重さ160グラム。モーターを内蔵している。