ひょうご経済プラスTOP 経済 川重、新型コロナ「PCR検査」自動サービス提供へ 国内外の国際空港にシステム納入目指す

経済

川重、新型コロナ「PCR検査」自動サービス提供へ 国内外の国際空港にシステム納入目指す

2020.10.22
  • 印刷
川重が公開した自動PCR検査システム=東京都港区

川重が公開した自動PCR検査システム=東京都港区

 川崎重工業(神戸市中央区)は22日、新型コロナウイルス感染症の自動PCR検査サービスを年明けにも始める、と発表した。シスメックス(同)と共同開発したPCR検査システムを国内外の国際空港への納入を目指す。システムの開発製造だけでなく、検査業務も含めた一貫体制を整える。(西井由比子)

 システムは40フィートコンテナ内にパッケージ化し、トレーラーで運搬して容易に納入・設置できるのが特徴。10台のロボットが核酸抽出や遠心分離などの工程をこなし、1時間20分以内で検査結果を出す。このため、出国手続きと並行して進められるという。

 検査サービスは、陰性判定する医師とのオンラインによる連携▽陰性証明書の発行▽陰性判定できない場合に出国者をそのまま契約タクシーに乗せて提携病院に運ぶ-などの内容。システムは成田、羽田、関西の各空港や海外の国際空港のほか、国内外のイベントでの使用を想定している。

 PCR検査は、市中の自由診療で個人負担が3万~5万円程度とされる。川重グループの検査システムは作業に人手を介さないことから、1人1万円程度に抑えられるという。川重社長直轄プロジェクト推進室の辻浩敏室長は「出国やイベント参加などの直前に検査してすぐに結果を出すことで、その後の速やかな活動に貢献したい」と話した。

 川重は同日、検査システムの模擬実演を自社の「東京ロボットセンター」で報道陣に公開。陰性証明書の発行までの一連の流れを再現した。検体となる唾液は出国者自身が容器に採取する。検体で一般的な鼻の粘液は、採取時のくしゃみで飛沫感染のリスクがあり、川重は遠隔操作による採取ロボも開発した。厚生労働省に認可申請中という。

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況