ひょうご経済プラスTOP 経済 米投資会社の日本法人 神戸に物流施設を開設へ

経済

米投資会社の日本法人 神戸に物流施設を開設へ

2020.10.27
  • 印刷
神戸複合産業団地に来年完成予定の物流倉庫「ロジポート神戸西(仮称)」(神戸市提供)

神戸複合産業団地に来年完成予定の物流倉庫「ロジポート神戸西(仮称)」(神戸市提供)

 不動産投資運用のラサール不動産投資顧問(東京)は、物流施設「ロジポート神戸西」(仮称)を神戸市西区の神戸テクノ・ロジスティックパーク(神戸複合産業団地)に開設する。複数のテナントが共同利用できる施設を想定し、来年11月の稼働を目指す。

 ロジポートは4階建て倉庫で、延べ床面積約5万平方メートル。複数テナントによる分割利用ができ、在庫保管のほか、倉庫内での加工、組み立て、仕分け、積み替えも可能にする。災害時も事業を続けられるよう、48時間電源を供給する非常用発電機などの導入も計画している。