ひょうご経済プラスTOP 経済 GoTo食事券の申し込み、兵庫でスタート サイトにアクセス集中、つながりにくく

経済

GoTo食事券の申し込み、兵庫でスタート サイトにアクセス集中、つながりにくく

2020.10.29
  • 印刷
予約したプレミアム付き食事券を受け取る人たち=29日午後、神戸市中央区

予約したプレミアム付き食事券を受け取る人たち=29日午後、神戸市中央区

 政府による飲食業界の需要喚起策「Go To イート」で、兵庫県内で使えるプレミアム付き食事券の第2期分(約13万冊)の申し込みが29日正午から始まった。第1期分(約7万冊)は開始から2日で完売し、今回も早期の売り切れが予想される。この日から1期分の食事券の受け渡しや、券が使える店舗の公開、店舗での利用も始まった。(森 信弘)

 食事券の申し込み完了後に引換証が届き、県内に約80カ所ある所定の場所で券を買う仕組み。1万円で1万2500円分(500円券25枚)を購入できる。

 専用サイトは早速アクセスが集中し、つながりにくい状態に。専用はがきが印刷されたチラシもあり、食事券の受け渡しと同じ場所に申し込み開始前日に置かれるが、数に限りがある。

 チラシ配布場所の一つの「日本旅行TiS三ノ宮支店」(神戸市中央区)にはこの日、第2期分の申し込みチラシを求める高齢者らが多く訪れたが、前日のうちになくなっていた。同市東灘区の女性(69)は「インターネットは得意じゃない。ネットを使える人と使えない人で格差がある」と不満を漏らした。

 同支店前の特設テントでは、第1期分の券の受け渡しも始まり、同市東灘区の40代女性は「近所の行きつけの店を助けたいので買った」と話していた。

 食事券が使える店舗も専用サイトで公開された。県内では現時点で約7600店舗が登録している。第3期の申し込みは11月10日から。事務局フリーダイヤル0120・528520(平日午前10時~午後5時)