ひょうご経済プラスTOP 経済 「日本酒は土づくりから」 酒米・山田錦のオンライン応援セミナー

経済

「日本酒は土づくりから」 酒米・山田錦のオンライン応援セミナー

2020.11.18
  • 印刷
山田錦の日本酒を購入した参加者らと乾杯する登壇者ら=神戸市内(撮影・森 信弘)

山田錦の日本酒を購入した参加者らと乾杯する登壇者ら=神戸市内(撮影・森 信弘)

 純米大吟醸「醸し人九平次」で知られ、兵庫県西脇市黒田庄町に新蔵を今年建設した萬乗(ばんじょう)醸造(名古屋市)の山田錦栽培から醸造まで一体化する新しい日本酒づくりをテーマとしたオンラインセミナーが開かれた。

 新型コロナウイルス禍で、減産に追い込まれている山田錦のお酒を飲みながら応援する「山田錦の未来を支えるウェビナー」の4回目。神戸新聞社のクラウドファンディング「エールファンド」を活用して開催している。

 萬乗醸造で、西脇での稲作と醸造の責任者を務める金子敦司さんが登壇。生産者が高齢化する山田錦の将来を懸念して、社長に自社栽培を進言したのを機に10年前に西脇に移住したエピソードを披露した。

 土づくりから見据える理想の日本酒への取り組みを説明し、「農業と日本酒に若い人が魅力を感じる蔵にしたい」と新蔵での醸造への意気込みを見せた。

 地元西脇市の商工観光課の女性は、神戸の日本酒イベントで実感した同社製品の女性人気の高さや、人材育成での連携など地域の新たな魅力創出に向けた市の事業を紹介した。

 日本酒を購入してビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で参加した支援者は登壇者と乾杯するなど、交流を深めた。