ひょうご経済+|経済|神戸空港10月の旅客数、徐々に回復 前年同月比48%減に
ひょうご経済プラスTOP 経済 神戸空港10月の旅客数、徐々に回復 前年同月比48%減に

経済

神戸空港10月の旅客数、徐々に回復 前年同月比48%減に

2020.11.25
  • 印刷
神戸空港のターミナルビル

神戸空港のターミナルビル

 関西エアポートは25日、10月の神戸空港の旅客数が15万638人となり、前年同月の29万3787人に比べ48・7%減ったと発表した。新型コロナウイルスの影響が続く中、政府の観光支援策「Go To トラベル」などで需要が徐々に回復。9月の下落幅(64・6%)に比べて15・9ポイント改善した。

 神戸市が同日公表した従来基準(幼児を含まない)の旅客数も前年同月比48・7%減の14万7616人。搭乗率は64・0%だった。

 路線別では、仙台線が前年同月比24・6%減、新千歳線が同38・7%減など各線とも持ち直した。「Go To」に追加された東京(羽田線)は旅客数が9月に比べて1万人増えた。運休中の出雲線は旅客数ゼロが続いている。(横田良平)