ひょうご経済+|経済|山電が山陽百貨店を10億円で完全子会社化
ひょうご経済プラスTOP 経済 山電が山陽百貨店を10億円で完全子会社化

経済

山電が山陽百貨店を10億円で完全子会社化

2021.01.13
  • 印刷

 山陽電気鉄道(神戸市長田区)は13日、連結子会社でジャスダック上場の山陽百貨店(兵庫県姫路市)を、株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化すると発表した。山陽百を上場廃止にして経営の自由度を高め、新型コロナウイルス禍などで厳しさを増す事業環境に即応し、グループの中長期的な成長につなげる。

 山電はグループで山陽百の発行済み株式の53・03%を保有。TOBで残りの全株を取得する。23・7%を持つ神姫バス(姫路市)との間では株式取得のための契約を結んだという。全株の取得額は約10億円。