ひょうご経済プラスTOP 経済 「地域に支持される銀行に」武市氏、兵庫で豊富な経験強み みなと銀トップ人事

経済

「地域に支持される銀行に」武市氏、兵庫で豊富な経験強み みなと銀トップ人事

2021.02.26
  • 印刷
みなと銀行の社長に就く武市寿一代表取締役(左)と、会長に就く服部博明頭取=神戸市中央区三宮町2(撮影・秋山亮太)

みなと銀行の社長に就く武市寿一代表取締役(左)と、会長に就く服部博明頭取=神戸市中央区三宮町2(撮影・秋山亮太)

 関西みらいフィナンシャルグループ(FG)のみなと銀行(神戸市中央区)は25日、武市寿一代表取締役(59)が社長に昇格するトップ人事を発表した。武市氏はかつて同行の親会社だった三井住友銀行出身。関西みらいFGを傘下に持つりそなホールディングス(HD)の系列出身者が就くとの見方もあったが、同じ三井住友銀出身の服部博明頭取(64)は、兵庫で営業経験が豊富な点を後継指名の理由に挙げ、「地域銀行として地域や顧客に支持されることが大事」と強調した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。