ひょうご経済プラスTOP 経済 みなと銀を完全グループ化 りそな銀岡橋副社長「3行が切磋琢磨し兵庫県内トップを」

経済

みなと銀を完全グループ化 りそな銀岡橋副社長「3行が切磋琢磨し兵庫県内トップを」

2021.04.19
  • 印刷
兵庫での戦略を語る岡橋達哉副社長=大阪市中央区、りそな銀行本店

兵庫での戦略を語る岡橋達哉副社長=大阪市中央区、りそな銀行本店

 りそな銀行の岡橋達哉副社長(57)は19日までに、4月に完全グループ化したみなと銀行(神戸市中央区)について「りそなと関西みらいを加えた3行が、兵庫県内で切磋琢磨するのが基本。役割分担は難しい」と述べ、早期の機能統合に否定的な考えを示した。一方、信託業務などりそな銀が持つサービスの強みをみなとと共有し、県内トップの金融グループを目指すとした。

 昨年4月に就任した岡橋氏は、西日本地域の業務全般を統括する。「3行がそれぞれの顧客に向き合って満足度を高めることで、結果として県内シェアが上がる」と話す。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。