ひょうご経済プラスTOP 経済 大丸神戸店4月、売上高4・98倍 前年同月比、臨時休業の反動で

経済

大丸神戸店4月、売上高4・98倍 前年同月比、臨時休業の反動で

2021.05.06
  • 印刷
大丸神戸店=神戸市中央区明石町

大丸神戸店=神戸市中央区明石町

 大丸松坂屋百貨店を傘下に持つJ・フロントリテイリングが6日発表した4月の売上高速報によると、兵庫県内の大丸3店舗は前年同月比で大幅な増収となり、神戸店(神戸市中央区)は4・98倍、芦屋店(芦屋市)は3・98倍に上った。昨年は新型コロナウイルス禍の1度目の緊急事態宣言が発令され、期間の大半を臨時休業したことから反動が生じた。

 昨年は両店とも4月8日から全館休業に入った。今年も3度目の発令で4月25日から食品売り場などを除き臨時休業に入ったが、神戸店は入店者数が約5倍、高級ブランドを含む「特選婦人服・洋品」の販売が6・7倍に伸びた。ただコロナ禍前の2019年4月との比較では、売上高は約3割減という。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。