ひょうご経済プラスTOP 経済 有効求人倍率、前月から0・01ポイント減 4月、兵庫県

経済

有効求人倍率、前月から0・01ポイント減 4月、兵庫県

2021.05.28
  • 印刷
兵庫労働局が入るビル=神戸市中央区東川崎町1

兵庫労働局が入るビル=神戸市中央区東川崎町1

 兵庫労働局が28日発表した4月の県内有効求人倍率(季節調整値)は0・93倍で前月から0・01ポイント下がった。近畿2府4県の平均値(1・04倍)を下回っている。

 新規求人数は前年同月比13・8%増の2万7159人。新型コロナウイルス感染症の影響を受けた昨年4月から1年たち、製造業などは回復傾向にある一方、宿泊業・飲食サービス業は同12・3%減と、より厳しい状況に陥っている。

 新規求職者数は、同12・6%増の2万2455人。就業時間の減少による収入減で、ダブルワークを目指す在職者や、専業主婦ら無業者の求職が増加。解雇などの事業主都合による離職者は、同11・7%減の2958人で、15カ月ぶりに減少に転じた。(小谷千穂)