ひょうご経済プラスTOP 経済 コープこうべ 新組合長に岩山利久氏「地域とつながり、課題解決」 理事長は馬場一郎氏

経済

コープこうべ 新組合長に岩山利久氏「地域とつながり、課題解決」 理事長は馬場一郎氏

2021.06.16
  • 印刷
記者会見するコープこうべの馬場一郎理事長(左)と岩山利久組合長=16日午後、神戸市中央区港島中町6(撮影・坂井萌香)

記者会見するコープこうべの馬場一郎理事長(左)と岩山利久組合長=16日午後、神戸市中央区港島中町6(撮影・坂井萌香)

 生活協同組合コープこうべ(神戸市東灘区)は16日、企業の株主総会にあたる総代会を神戸市内のホテルで開いた。その後の理事会で、岩山利久専務理事(59)の組合長昇格と馬場一郎理事(62)の理事長就任を正式決定した。創設100年の節目に経営トップに就いた岩山氏は「コープこうべの理念を再確認し、地域とつながり、課題解決する組織をつくる」と語った。

 ゴルフ接待問題で前組合長らが解職された今年3月から、岩山氏は組合長代行として実質的に経営の指揮を執ってきた。

 就任後の会見で、岩山氏は接待問題を念頭に「まずは『一人は万人のために、万人は一人のために』の理念を再確認したい」と述べた。コープこうべの前身である神戸、灘両購買組合の設立を指導した社会運動家・賀川豊彦を顕彰する賀川記念館館長の馬場氏も「役職員の理念教育が欠けている。なぜコープこうべで働くのか、もう一度考えてほしい」と呼び掛けた。

 事業展開について、岩山氏は「次の100年に向けて地域とどうつながるか。孤立化や高齢化、買い物難民の問題に取り組み、地域事情に応じた適切な投資をしたい」と話した。

 デジタル化対応については不可欠としながら「利便性のみの追求ではない。単にモノを購入するだけでなく、人がつながるような、生協ならではのやり方を考えたい」とした。

 総代会は、組合員の代表である総代931人のうち911人(委任など含む)が出席した。2020年度決算など計7議案を原案通り承認し、山口一史理事長(79)の退任も了承した。

 質疑では店舗事業の立て直しについて質問が飛び、コープ側は「インターネットの普及、共働き世帯増加などの社会変化に対応できていない点もあった。新たに構造改革プロジェクトを立ち上げ、収支改善を図っていく」と答えた。(横田良平)