ひょうご経済プラスTOP 経済 川崎重工業、7月に100億円のサステナビリティボンド発行 水素関連事業などに充当

経済

川崎重工業、7月に100億円のサステナビリティボンド発行 水素関連事業などに充当

2021.06.17
  • 印刷
理由を問わない在宅勤務制度を導入する川崎重工業の神戸本社が入るビル=神戸市中央区東川崎町1

理由を問わない在宅勤務制度を導入する川崎重工業の神戸本社が入るビル=神戸市中央区東川崎町1

 川崎重工業(神戸市中央区)は、資金使途を持続可能性の貢献に限定した社債「サステナビリティボンド」を7月に発行する、と発表した。償還年限は10年で、発行額は100億円。調達資金は8割を水素関連事業に、2割を自動PCR検査ロボットにそれぞれ充てる。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。