ひょうご経済プラスTOP 経済 新興企業支援で連携協定 三井住友銀と神戸市、神戸大

経済

新興企業支援で連携協定 三井住友銀と神戸市、神戸大

2021.08.03
  • 印刷
スタートアップの支援で協定を締結した(左から)神戸大学の藤沢正人学長、神戸市の久元喜造市長、三井住友銀行の角元敬治副頭取=神戸市役所

スタートアップの支援で協定を締結した(左から)神戸大学の藤沢正人学長、神戸市の久元喜造市長、三井住友銀行の角元敬治副頭取=神戸市役所

 三井住友銀行と神戸市、神戸大学は、起業家の育成や資金提供、人材交流などでスタートアップ(新興企業)を支援する産官学の連携協定を結んだ。

 三者はいずれも、起業家の育成を促す産官学組織「ひょうご神戸スタートアップ・エコシステムコンソーシアム」に参加しており、同コンソーシアムの活性化や神戸発のスタートアップ創出の加速化が狙い。

 連携項目のうち、人材育成では三者によるプロジェクトチームを立ち上げる。神大発のビジネスの「種」から優良なアイデアを選び、法人口座の開設を支援したり、コンサルや大学講師による助言を提供したりして成長を促す。

 資金提供では、神大が今後設ける「神戸大学ファンド(仮称)」や兵庫県と神戸市、民間企業による「ひょうご神戸スタートアップファンド」など、成長ステージに応じて連続的に支援を受けられる体制を構築する。エンジニアや経営アドバイザーなど専門人材とのマッチングにも取り組む。

 同市の久元喜造市長は「ポストコロナの時代に想像を巡らせて、それぞれの知恵やノウハウを持ち寄って支援を進めていければ」と述べた。(長谷部崇)