ひょうご経済プラスTOP 経済 関空にPCR検査センター開設 最短3時間で陰性証明 川重などシステム開発

経済

関空にPCR検査センター開設 最短3時間で陰性証明 川重などシステム開発

2021.09.21
  • 印刷
コンテナの中で稼働する検査ロボットのイメージ(川崎重工業提供)

コンテナの中で稼働する検査ロボットのイメージ(川崎重工業提供)

PCR検査センターの受付ブース(川崎重工業提供)

PCR検査センターの受付ブース(川崎重工業提供)

 川崎重工業(神戸市中央区)と近畿大学は、関西空港に新型コロナウイルス感染症のPCR検査センターを22日、オープンする。川重などが手掛けた自動PCR検査ロボットシステムを活用し、国際線で出発する人が受け付けから最短3時間で陰性証明書を受け取れるという。

 同システムは、川重とシスメックス(同)、メディカロイド(同)が共同開発した。コンテナ内に並んだ約10台のロボットが、検体の核酸抽出、遠心分離などをこなす。

 川重はセンターの運営など、近大医学部関西国際空港クリニックは、問診と検体採取、確定診断、陰性証明書の発行を担う。

 世界的にワクチン接種が進む一方、渡航には陰性証明書が必要とされる国も多く、川重の担当者は「ビジネス客のスムーズな往来を後押ししたい」と話している。

 英文の証明書1枚込みで3万8500円。保険適用外。検査受け付けは平日午前9~11時と午後1~2時。完全予約制、1日10人。予約ダイヤル(午前9時~午後5時)TEL072・456・6220

(中務庸子)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら