ひょうご経済プラスTOP 経済 衆院解散、総選挙へ 「脱炭素」具体策を、コロナ出口戦略は 県内経済界、活発な論争期待

経済

衆院解散、総選挙へ 「脱炭素」具体策を、コロナ出口戦略は 県内経済界、活発な論争期待

2021.10.15
  • 印刷
国会議事堂(資料写真)=東京都千代田区永田町1

国会議事堂(資料写真)=東京都千代田区永田町1

 衆院が解散された14日、兵庫県内の経済団体や企業トップからは、選挙戦を通じた活発な政策論争を期待する声が上がった。「脱炭素」の流れや国力低下に対する懸念から、中長期的な視野に立った議論を求める傾向が目立った。(高見雄樹、森 信弘、中務庸子、赤松沙和)

 県内の中小製造業など約400社でつくる兵庫工業会の宮脇新也会長(65)は「日本の中長期的な課題が新型コロナ禍で脇に置かれていた。真正面から議論してほしい」と訴える。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。