ひょうご経済プラスTOP 経済 大型案件縮小で減収、利益半減 9月中間、タクマ

経済

大型案件縮小で減収、利益半減 9月中間、タクマ

2021.11.11
  • 印刷
(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

 環境設備プラントメーカーのタクマ(兵庫県尼崎市)が10日発表した2021年9月中間連結決算は、前年同期に関東地方でごみ焼却プラントの新設工事など大型案件が重なった反動で減収となり、経常利益と純利益はほぼ半減した。

 ホテルや温浴施設向けのボイラー事業も、新型コロナウイルス禍による設備投資意欲の減退を受けて伸び悩んだ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。