ひょうご経済プラスTOP 経済 関西財界セミナー 来年2月、京都で2年ぶり開催

経済

関西財界セミナー 来年2月、京都で2年ぶり開催

2021.12.09
  • 印刷

 関西経済同友会と関西経済連合会は8日、60回目となる関西財界セミナーを来年2月8、9日に京都市の国立京都国際会館で開くと発表した。昨年は新型コロナ禍によるオンライン開催となり、京都で開くのは2年ぶり。「関西を起点に反転へ-フロンティアに立つ覚悟」をテーマに企業経営者らが議論する。

 コロナ禍で社会の在り方が急速に変わる中、リスクをチャンスに変える戦略などを考える。脱炭素に向けたエネルギー政策▽人材の多様性▽「安いニッポン」からの脱却-などをテーマに、参加者が六つの分科会で議論する。

 コロナ感染が再拡大した場合もオンラインには切り替えない。経営者ら主参加者は約250人と例年並みを見込むが、感染防止対策としてスタッフの出席を絞り込む。参加者全員にワクチン接種かPCR検査の陰性確認を求める。(高見雄樹)