ひょうご経済プラスTOP 経済 植物工場を福井に建設 日本山村硝子

経済

植物工場を福井に建設 日本山村硝子

2022.01.18
  • 印刷

 ガラス瓶製造最大手の日本山村硝子(兵庫県尼崎市)は17日、JR貨物(東京)と共同で、植物工場を福井県おおい町に建設すると発表した。20日に着工する。投資額は約22億円で、2023年4月の稼働を目指す。

 両社は昨年9月、農産物の生産・販売・加工を手掛ける新会社を共同で設立した。二酸化炭素の排出量が少なく、全国に広がる鉄道貨物のネットワークを生かす。植物工場の立地や稼働時期を検討していた。

 新工場はケール、クレソン、セロリなど栄養価の高い野菜を生産する。稼働から2、3年後のフル生産時には50人の新規雇用を予定している。(森 信弘)