ひょうご経済プラスTOP 経済 フジドリームエアラインズ、3月に神戸-新潟線を開設

経済

フジドリームエアラインズ、3月に神戸-新潟線を開設

2022.01.18
  • 印刷
神戸ー新潟線の路線開設について説明するフジドリームエアラインの森谷和生副社長=神戸市役所

神戸ー新潟線の路線開設について説明するフジドリームエアラインの森谷和生副社長=神戸市役所

 新興航空会社のフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)は18日、新たに神戸-新潟線を3月27日に開設すると発表した。この区間の就航は、2007年6月に全日本空輸(ANA)が廃止して以来となる。1日2便(1往復)を運航する。

 FDAは19年10月、神戸空港に新規就航した。現在、青森、花巻(岩手県)、松本(長野県)、高知の4路線(1日5往復、計10便)を展開している。

 新路線は神戸-新潟間を約80分で結ぶ。新型コロナウイルス禍で航空需要の低迷が続くが、神戸市内で会見したFDAの森谷和生副社長は「陸路に比べて大幅に時間を短縮できる。十分に需要があると考えた」と新規就航の理由を語った。

 関西では、大阪(伊丹)空港発着で1日20便(10往復)を、関西空港で同2便(1往復)をそれぞれ飛ばすが、森谷副社長は「兵庫県西部に加え、岡山や徳島など中四国に商圏を広げる効果がある」と期待する。

 FDAは新路線で年間約4万人の利用を見込む。3月27日~6月30日の間、新規就航を記念し、1週間前までに予約・購入すると、特別価格(片道6千円から)で利用できる。(三島大一郎)