ひょうご経済プラスTOP 経済 虎選手使用の用具にタッチ!「甲子園歴史館」が拡張、3月3日リニューアル

経済

虎選手使用の用具にタッチ!「甲子園歴史館」が拡張、3月3日リニューアル

2022.01.25
  • 印刷
阪神タイガースの球団創設からの歴史を展示するコーナー(阪神電気鉄道提供)

阪神タイガースの球団創設からの歴史を展示するコーナー(阪神電気鉄道提供)

高校野球の名勝負を映像や写真で紹介する「名勝負ギャラリー」(阪神電気鉄道提供)

高校野球の名勝負を映像や写真で紹介する「名勝負ギャラリー」(阪神電気鉄道提供)

高校野球の歴史や名監督を紹介する「メモリアルコレクション」(阪神電気鉄道提供)

高校野球の歴史や名監督を紹介する「メモリアルコレクション」(阪神電気鉄道提供)

阪神タイガースの選手が使用した用具に触れられる「体験!タッチスタジアム」(阪神電気鉄道提供)

阪神タイガースの選手が使用した用具に触れられる「体験!タッチスタジアム」(阪神電気鉄道提供)

スタジアムツアーでは、タブレットを使ってAR上の阪神タイガースの選手と撮影できる(阪神電気鉄道提供)

スタジアムツアーでは、タブレットを使ってAR上の阪神タイガースの選手と撮影できる(阪神電気鉄道提供)

 阪神電気鉄道は25日、甲子園球場(兵庫県西宮市)の「甲子園歴史館」を3月3日にリニューアルオープンすると発表した。プロ野球・阪神タイガースの選手が使った用具に触れるほか、隣に商業施設「甲子園プラス」を同時開業して展示エリアを拡張する。

 球場2階「球場エリア」と甲子園プラス2階「PLUS(プラス)エリア」の2カ所を、歩行者デッキで接続する。展示面積は従来の1・25倍の1500平方メートルに広がる。

 PLUSエリアは、タイガースの歴史、名選手をゆかりの品や映像、写真などで振り返る。選手のバットやグラブに触れられる「体験!タッチスタジアム」も新設する。

 球場エリアは、高校野球の魅力を伝える。写真や映像で歩みを紹介する「名勝負ギャラリー」は、七つのテーマを追加して22のシーンを用意した。

 タブレットを貸し出して拡張現実(AR)のタイガース選手と撮影などを楽しんでもらうスタジアムツアーも導入する。

 歴史館顧問で球団OBの吉田義男氏は「若年層向けの展示も充実しており、多くの方に来ていただけたら」とコメントを寄せた。(大盛周平)