ひょうご経済プラスTOP 経済 山陽特殊製鋼、純益108億円に 22年3月期見通し 昨秋予想から2割近く上振れ

経済

山陽特殊製鋼、純益108億円に 22年3月期見通し 昨秋予想から2割近く上振れ

2022.01.27
  • 印刷

 山陽特殊製鋼(兵庫県姫路市)は27日、2022年3月期連結決算の純利益が108億円になるとの見通しを発表した。昨秋予想の91億円から2割近く上振れする。

 原燃料価格の上昇が想定より緩やかで、鋼材価格への転嫁も一定程度進んだほか、スウェーデンの特殊鋼子会社の販売数量が拡大したため。22年3月期の上方修正は3回目。

 売上高は昨秋予想の3500億円から、3600億円(21年3月期は2107億円)に上方修正した。年間配当も60円から80円(21年3月期は無配)に引き上げた。(森 信弘)