ひょうご経済プラスTOP 経済 兵庫県4月の経済情勢「緩やかに持ち直し」との判断据え置き 神戸財務事務所

経済

兵庫県4月の経済情勢「緩やかに持ち直し」との判断据え置き 神戸財務事務所

2022.04.27
  • 印刷
兵庫県内の経済情勢を解説する橋本博紀・神戸財務事務所長=神戸経済記者クラブ

兵庫県内の経済情勢を解説する橋本博紀・神戸財務事務所長=神戸経済記者クラブ

 近畿財務局神戸財務事務所(神戸市中央区)が発表した4月の兵庫県内経済情勢は、「新型コロナウイルス感染症の影響で一部に弱さがみられるものの、緩やかに持ち直している」とした総括判断を3四半期連続で据え置いた。ただ、ロシアのウクライナ侵攻や急速な円安による影響が「次回(7月)以降に表面化する可能性がある」とした。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。