ひょうご経済プラスTOP 経済 三菱電機の国際規格認証が一時停止 ISO9001と鉄道業界向けのIRIS 赤穂工場の検査不正受け

経済

三菱電機の国際規格認証が一時停止 ISO9001と鉄道業界向けのIRIS 赤穂工場の検査不正受け

2022.05.06
  • 印刷
検査不正が行われていた系統変電システム製作所赤穂工場製造の変圧器(三菱電機提供)

検査不正が行われていた系統変電システム製作所赤穂工場製造の変圧器(三菱電機提供)

 三菱電機は6日、系統変電システム製作所赤穂工場(兵庫県赤穂市)での検査不正を受け、同工場のほか、尼崎市や神戸市兵庫区に拠点がある同製作所の品質管理に関する国際規格の認証が、同日付で一時停止されたと発表した。「ISO9001」と鉄道業界向けの「IRIS(アイリス)」で、英国の認証機関が通知した。

 同社によると、認証取得が条件の入札に参加できなくなる恐れがある。2カ月以内に問題を解決し、認証機関に報告する必要がある。問題解決が認められれば解除されるが、認められなければ認証取り消しの可能性もあるという。

 同社は4月、赤穂工場で製造された変圧器3384台で取引先が求めた基準を満たさない検査や設計を行っていたと発表。今年3月までの40年間、国内外の電力、鉄道会社などに納入していた。(大島光貴)