ひょうご経済プラスTOP 決算 治験費用の減少で赤字幅縮小へ カルナバイオサイエンス 20年12月期連結

決算

治験費用の減少で赤字幅縮小へ カルナバイオサイエンス 20年12月期連結

2020.12.08
  • 印刷

 ◇治験費用の減少で赤字幅縮小へ【カルナバイオサイエンス】(神戸市中央区、20年12月期連結)新型コロナウイルスの影響を受け、オランダで開始した薬剤の臨床試験(治験)が当初見込みより遅れたため、治験費用が減少。経常損失は2月予想の17億9400万円から12億200万円に、純損失は18億2200万円から12億2900万円にそれぞれ改善する見通し。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。