ひょうご経済プラスTOP 決算 解体工事の工期短縮で増益 イボキン 20年12月期

決算

解体工事の工期短縮で増益 イボキン 20年12月期

2021.02.12
  • 印刷
(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

 ◇解体工事の工期短縮で増益【イボキン】(たつの市、20年12月期)新型コロナウイルス禍の影響で、電炉メーカーに納める鉄くずの価格が下落したが、大型解体工事の工期短縮で減収増益。21年12月期は建物の解体需要は伸びるが、鉄くずの原料となる資源価格の上昇で減益を見込む。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。