ひょうご経済プラスTOP 決算 販売競争激化で減収減益 和田興産 21年2月期単体

決算

販売競争激化で減収減益 和田興産 21年2月期単体

2021.04.09
  • 印刷
(表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績)

(表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績)

 ◇販売競争激化で減収減益【和田興産】(神戸市中央区、21年2月期単体)北摂地区でマンション販売の競争が激化し、売上高は微減となった。土地売却に伴うたな卸資産評価損や賃貸物件の売却による特別損失が発生し、利益を押し下げた。22年2月期は増収増益の見通し。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。