神戸

  • 印刷
パッケージをデザインした本沢直緒さん=神戸芸術工科大学
拡大
パッケージをデザインした本沢直緒さん=神戸芸術工科大学

 関西で親しまれている米菓「鴬(うぐいす)ボール」に、有馬温泉をイメージしたパッケージが登場した。デザインした神戸芸術工科大2年の本沢直緒さん(20)は「ほっこりしたイメージの有馬温泉の土産品として手にとってもらいたい」と、完成を喜んでいる。

 鴬ボールは、植垣米菓(神戸市長田区)が1930年に発売した同社の主力商品。丸い形でかりんとう風味のあられで、主に関西で流通しており、有馬温泉観光協会が限定デザインを依頼した。

 同大ではこれまで、有馬温泉の「おもてなしトイレ」や、三宮の地下街にある「神戸さんちか案内所」のデザインを学生が担当してきた。その縁で声が掛かり、学内応募の中から本沢さんのデザインが選ばれた。

 パッケージは有馬温泉のシンボル・金泉をイメージした配色で、地元の伝統工芸「人形筆」や「有馬籠」を優しいタッチで描く。商品にちなみ、ウグイスと梅もあしらった。本沢さんは静岡県出身で、入学後の研修で有馬温泉を訪問したといい「有馬は昔ののどかな日本らしさが残っていて、静けさと味わいのあるまち。その雰囲気を表現した」と語る。

 同社の植垣智博専務(47)は「全国の方に、有馬温泉とお菓子を知ってもらうきっかけにしたい」と期待している。

 さんちか案内所で販売中。1個300円。さんちか案内所TEL078・391・5225

(久保田麻依子)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 25℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 15℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 40%

  • 27℃
  • 17℃
  • 20%

お知らせ