神戸

  • 印刷
ツートンカラーで親しまれた市電(市交通局提供)
拡大
ツートンカラーで親しまれた市電(市交通局提供)

 神戸市交通局は3月13日から、「神戸市電」のイメージで塗装した車両1編成(6両)を、地下鉄西神・山手線で運行する。今年、市営交通100周年と地下鉄開業40周年を迎えるのを記念した試み。3月5日に開く特別試乗会での“乗客”100人を募集している。

 市電は、市が1917(大正6)年に神戸電気鉄道を買収して、公営交通機関として発足した。71年に廃止されるまで、市民の足として親しまれた。

 地下鉄6両のうち、1両は小豆色の車体に金色の枠を描く。残り5両は「東洋一の市電」とうたわれた「700形ロマンス・カー」をイメージし、緑を基調とした車体にする。

 試乗会は名谷車両基地(須磨区)で実施。無料。締め切りは2月20日(消印有効)で、宛先などはホームページ「市交通局KOBE CITY沿線NAVI」に掲載。問い合わせは市交通局TEL078・322・5994

神戸の最新
もっと見る

天気(11月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ