神戸

  • 印刷
大会に向け、応援の合同練習をする神戸国際大付と啓明学院中・高の生徒ら=啓明学院中学校・高校
拡大
大会に向け、応援の合同練習をする神戸国際大付と啓明学院中・高の生徒ら=啓明学院中学校・高校

 第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場が決まった神戸国際大付属高校(神戸市垂水区学が丘5)の応援練習が17日、本格的に始まった。同校の吹奏楽部と野球部、初めて応援に協力する啓明学院中学校・高校(須磨区横尾9)の吹奏楽部が同校で初顔合わせ。本番に向けて一致団結した。

 男子校の神戸国際大付には、吹奏楽部員が2人しかいない。大会への出場決定を受けて、顧問同士で交流のあった啓明学院中・高の吹奏楽部が加勢し、チアリーディング部も応援に加わることになった。

 この日は、ベンチ入りできない野球部員でつくる応援団の団長で、神戸国際大付2年寒川豪さん(17)が中心となり、「サウスポー」や「アフリカン・シンフォニー」など13曲を練習した。演奏やコールのタイミングを確認し、場面の切り替わりなども想定しながら進めた。

 寒川さんは「楽器の数が多いとパワーが違う。チャンス時には選手らの背中を押し、ピンチ時にはギアチェンジしてもらえるような応援にしたい」と意気込む。

 啓明学院高2年で吹奏楽部部長の上酔尾(かみえのお)ももこさん(17)は「実際に野球部員と合わせることで、大会への熱が伝わった。演奏することで、少しでも力になりたい」と話した。(勝浦美香)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 100%

  • 19℃
  • ---℃
  • 100%

  • 18℃
  • ---℃
  • 100%

  • 19℃
  • ---℃
  • 100%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ