神戸

  • 印刷
見学者らに改修工事の経験を話す中原あずささん(右)。部屋とリビングとの間の壁を解体し、床を木のパネルに張り替えるなど大幅に手を加えた=神戸市須磨区高倉台
見学者らに改修工事の経験を話す中原あずささん(右)。部屋とリビングとの間の壁を解体し、床を木のパネルに張り替えるなど大幅に手を加えた=神戸市須磨区高倉台

 ニュータウンとして開発された神戸市須磨区の「高倉台団地」で25日、改修工事(リノベーション)による暮らしの魅力を伝える催し「団地カエルin高倉台」があった。DIYを活用して改修した家族の部屋が公開された。

 高倉台地区は、1973年のまち開きから40年以上がたち、現在の人口はピーク時の7割以下。若い世代の呼び込みにつなげようと、神戸すまいまちづくり公社やリノベーション設計・施工会社「フロッグハウス」(明石市)などが企画した。

神戸の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ