神戸

  • 印刷
ビールの出来を確認する岡田陽士さん=神戸市兵庫区水木通1
拡大
ビールの出来を確認する岡田陽士さん=神戸市兵庫区水木通1
3月1日から販売する「あわじレモンのホワイトエール」=神戸市北区有野町有野
拡大
3月1日から販売する「あわじレモンのホワイトエール」=神戸市北区有野町有野
レストランで提供する「布引の金滝」を準備するスタッフ=神戸市中央区北長狭通2
拡大
レストランで提供する「布引の金滝」を準備するスタッフ=神戸市中央区北長狭通2

 神戸市内にある3醸造所が、環境省の名水百選に選ばれている布引貯水池(同市中央区)の水でビールを造っている。3月から限定販売で、市内の酒店や飲食店などで味わえる。同じ水から生まれた3種類の地ビールを飲み比べてはいかが。(中川 恵)

 布引貯水池を持つ市水道局が取り組む、名水の活用方法を検討する事業の一環。1月に水を試験販売し、神戸湊ビール(同市兵庫区水木通1)▽スターボード(同市中央区北長狭通2)▽アイエヌインターナショナル(同市北区有野町有野)-の3社が購入した。

 神戸湊ビールはホワイトエールを醸造。今回が初めての参加で、オーナーの岡田陽士さん(46)は「地元の材料で造ってみたいと思うのは、醸造所にとって当然」と話す。3月初旬から提供予定。Sサイズ550円(250ミリリットル)から。TEL078・511・8787(午後6時以降)

 スターボードは水を生かそうと、軽い口当たりでホップが効いた「ゴールデンエール」を醸造し「布引の金滝」と名付けた。3月1日から提供。グラス480円(250ミリリットル)など。TEL078・392・3265

 アイエヌ-は前回の実証実験でも造った、平岡農園(洲本市)のレモンを使ったホワイトエールを製造。よりさわやかに仕上げようと、レモンの皮を1・4倍にした。330ミリリットル瓶は、神戸ブランドモザイク店などで買える。想定売価480円(税抜き)。また長期熟成ビールも4月ごろに販売予定。TEL078・981・2130

神戸の最新
もっと見る

天気(3月31日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 70%

  • 12℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ