神戸

  • 印刷
兵庫区役所庁舎整備で移設されることになった楠木正成の銅像=湊川公園(撮影・笠原次郎)
拡大
兵庫区役所庁舎整備で移設されることになった楠木正成の銅像=湊川公園(撮影・笠原次郎)

 2018年度末完成予定の兵庫区役所建て替え工事に伴い、湊川公園(神戸市兵庫区荒田町1)内にある楠木正成の銅像が移設されることが3日、分かった。同日の市会予算特別委員会で、市市民参画推進局が明らかにした。

 銅像は、「大楠公殉節600年祭」があった1935(昭和10)年に神戸新聞社が寄贈。正成が馬にまたがり、駆け出そうとする姿は躍動感にあふれる。当初は公園南側に設置され、後に現在の場所に移された。周囲に桜が植えられ、春には花見客でにぎわう。

 区役所の新庁舎は地上9階地下1階で、現地と同公園の北側一部に建て替えられる。今夏までに工事を開始する予定。銅像が整備敷地内に含まれることから、工事前にいったん銅像を撤去、保管することにした。

 市は区役所建て替えに伴い、公園の整備も行う。市によると、銅像の公園内移設の希望が寄せられているといい、本年度内に住民らを交えて話し合い、再設置場所を決める。(若林幹夫)

神戸の最新
もっと見る

天気(3月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ