神戸

  • 印刷
初めて一般公開されるバンドウイルカの赤ちゃん(神戸市立須磨海浜水族園提供)
拡大
初めて一般公開されるバンドウイルカの赤ちゃん(神戸市立須磨海浜水族園提供)

 神戸市立須磨海浜水族園(神戸市須磨区)で16年ぶりに生まれたバンドウイルカの雄が、18日から一般公開される。普段は入れないバックヤードを時間限定で開放し、母親と一緒に泳ぐ様子などを見学することができる。4月9日まで。(若林幹夫)

 昨年9月30日、同園にいる雌「マミー」と雄「カイリ」の間に生まれた。プールを改修するなど、イルカの個体数確保のため繁殖に力を入れてきた中でできた待望の赤ちゃん。当初は公開まで1年程度を要するとみていたが、順調に成長しているため、春休みに合わせて期間限定で公開することにした。

 現在、イルカライブ館裏のトレーニングプールで過ごしている。生まれたときより一回り大きくなり、最近はエサの魚を食べるようにもなった。母親から離れて泳ぎ、飼育員にも近づくこともあるという。

 公開は午後4時から同4時半までで、自由に観覧できる。旧須磨水族館時代から今年で60周年を迎えたことを記念した「春のふれあいフェスタ」の一環で、ほかにイルカやアザラシのエサやり体験、アシカとの記念撮影などが楽しめる。これらの体験は入園料と別に参加費が必要。須磨海浜水族園TEL078・731・7301

神戸の最新
もっと見る

天気(3月30日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ