神戸

  • 印刷
笠本明里選手
拡大
笠本明里選手

 リオデジャネイロ・パラリンピックの競泳視覚障害クラスに出場した神戸市内在住の笠本明里(あかり)選手(31)=大塚商会=が11日午後1時半~3時、中央区磯上通3のこうべ市民福祉交流センターで障害者スポーツの魅力について講演する。

 市社会福祉協議会が開く「市民福祉大学」のセミナー。2020年の東京パラリンピックに向け、企画した。

 笠本さんは神戸生まれ。先天性色素欠乏症による視覚障害があり、2歳から水泳を始めた。初出場だった08年の北京パラリンピックでは、100メートル背泳ぎで7位に入賞した。

 笠本さんは講演で、競技で得られた成果やその魅力を話す。会場には「ボッチャ」や「ゴールボール」で使われるボールや器具のほか、車いすバスケットボール用の車いすなどが展示される。千円、申し込みは不要。同大学TEL078・271・5300

(貝原加奈)

神戸の最新
もっと見る

天気(3月27日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ