神戸

  • 印刷
「べっぴんさん」のストーリー進行に合わせて追加された展示品=神戸市中央区三宮町2
拡大
「べっぴんさん」のストーリー進行に合わせて追加された展示品=神戸市中央区三宮町2

 神戸が主な舞台となっている放映中のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」。神戸市中央区三宮町2のビル「三宮ゼロゲート(仮称)」で開催中の企画展ではストーリー展開に合わせて展示品を増やし、昨秋の開幕時の倍近くになっている。

 昨年10月、主人公すみれに序盤に大きな影響を与える靴店の再現セットなど約60点でスタート。仲間と子ども服メーカーを興し、大手百貨店にも出店-と話が進むにつれ、百貨店で売る弁当箱、すみれに思いを寄せる栄輔のブランド「AIS(エイス)」のグッズなどが加わり、2月半ばに約100点に。今後も増えるという。

 当初はもんぺをはいていたすみれの等身大パネルも、おしゃれなツーピースに衣替え。東灘区の主婦(33)は「どれも印象的。特にお弁当箱がかわいい」と熱心に見て回っていた。

 NHKサービスセンターが主催し、5月7日まで。不定休。午前11時~午後8時。入場無料。(上杉順子)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ