神戸

  • 印刷
動画一覧へ
生い茂っていた木々が取り除かれ、昭和初期のモダンな外観が現れた旧摩耶観光ホテル=神戸市灘区
拡大
生い茂っていた木々が取り除かれ、昭和初期のモダンな外観が現れた旧摩耶観光ホテル=神戸市灘区
「摩耶花壇」跡には地下室へ降りる階段などが残る
拡大
「摩耶花壇」跡には地下室へ降りる階段などが残る

 1929(昭和4)年に開業し、近年は四半世紀近く放置されてきた旧「摩耶観光ホテル」の外観など、神戸市灘区の摩耶山中にある歴史遺構を訪ね歩く「摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク」が30日に始まる。これに先立ち、関係者を対象にした内覧会が9日にあり、行楽地として栄えた時代をしのばせる建物跡などが紹介された。

 この催しは、摩耶ロープウェー「星の駅」から約1・2キロの山道を下り、火災で焼失した旧天上寺跡やレストラン、宿泊施設だった「摩耶花壇」跡などを巡る。最後に立ち寄る旧摩耶観光ホテルは廃虚独特の雰囲気があり、映画の撮影などに使われる。通常は立ち入ることはできないが、参加者は至近距離から見学できる。建物内部には入らない。

 毎月1、2回開かれる予定。初回の30日は午後1時に摩耶ケーブル駅集合。摩耶ケーブル、ロープウェーで星の駅まで行く(運賃は各自負担)。参加費1800円。定員20人(先着順)。申し込みは13日午前11時からインターネットサイト「摩耶山ポータルサイト」内の専用書式のみで受け付ける。同会事務局TEL078・882・3580

(田中靖浩)

神戸の最新
もっと見る

天気(3月26日)

  • 11℃
  • 7℃
  • 50%

  • 10℃
  • 2℃
  • 50%

  • 12℃
  • 7℃
  • 60%

  • 11℃
  • 5℃
  • 60%

お知らせ